Body Make

疲労回復にも効果的って本当?フォームローラーを使うメリット5選

osk_gaki@yahoo.co.jp

最近、筋膜リリースや疲労回復の用途でフォームローラーが注目を集めています。

フォームローラーはシリコンなどの柔らかい素材で作られており、使い方は凹凸のある表面にほぐしたい身体の部位を当てて体重をかけたり前後に動くことで凝りをほぐすだけ。

このシンプルなコンディショニングツールは、筋肉のほぐしやストレス解消、筋膜リリースや柔軟性向上など、多くの健康効果が期待されています。

この記事では、フォームローラーの効果に焦点を当て、疲労回復にも本当に効果的なのかについて探ります。

フォームローラーの概要から、その疲労回復に対するメリットまで、詳しく解説していきます。

フォームローラーを活用して、健康的な生活に一歩近づける方法を見つけましょう。

フォームローラーとは?

フォームローラーは、シンプルながら効果的なコンディショニングアイテムで、一般的には円筒状のシリコン素材でできています。

このツールを使って自身の体重を支えながら、特定の部位に圧力をかけたり、転がしたりすることでアプローチしたい部位をほぐすことができます。

フォームローラーを利用することで、筋肉や筋膜に働きかけ、様々な効果をもたらします。

フォームローラーは主にトレーニングやフィットネス、リカバリーに使用されます。

その簡単な使い方と効果的な利用法を理解することは、疲労回復や体の健康を向上させる上で重要です。

次のセクションでは、具体的な疲労回復のメリットについて詳しく説明します。

フォームローラーを活用することで期待できるメリット

フォームローラーを使うことによって、期待できるメリットを5つご紹介します。

セルフマッサージでは難しい部位をほぐすことができる

フォームローラーをほぐしたい部位に使うことで、筋肉の緊張やこりをほぐすことができます。

これにより、筋肉がリラックスし、血流の改善が期待できます。

特に運動後の筋肉のこりや疲労を緩和するのに効果的です。

セルフマッサージでは、どうしても自分の手の届く範囲しかアプローチができないもの。

フォームローラーを使えば、自分では手の届かない背中や、手が届いてもアプローチしにくいような凝りが強い部位もほぐすことができますよ!

血行を促す効果

凝っている部分は筋肉が緊張していて血流が滞っている部位なので、フォームローラーを使うと、筋肉に対する圧力をかけることで血行の促進が期待できます。

血液の流れが良くなることで、酸素や栄養素が筋肉に行き渡りやすくなるので、アスリートのコンディショニングにもよく使われていますよ!

フォームローラーの表面の凹凸にほぐしたい部位を乗せて体重をかけることで、アプローチができるので使い方がわかりやすいのも魅力的ですよね。

また、女性に多く見られる「反り腰」の人は腰に負担がかかりやすく、腰や股関節に負担がかかりやすい特徴があります。

姿勢改善も並行して行いながら、負担がかかって血流が滞っている部位にもフォームローラーでほぐしましょう。

こちらの記事では、反り腰について解説していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ぽっこりお腹は反り腰が原因?改善のポイントを解説

ストレス解消に繋がる

フォームローラーの使用は、ストレスの軽減にも一役買います。

フォームローラーとストレスの関連にピンと来ない人も多いと思われますが、コンディショニングの後はスッキリとしたリフレッシュ感が得られるはずです。

凝っていた部位がほぐれて、緊張が緩むことでリラックス効果も感じやすくなると言われています。

日々、身体を酷使するようなアスリートだけでなく、家事や仕事に取り組む方にこそフォームローラーで身体を緩めることで心身ともにリラックスに繋がりますよ!

筋トレやダイエットをサポート

フォームローラーを使うことによって、血行が促進されることでボディメイクやダイエット面でメリットが得られる場合があります。

前述でも触れましたが、フォームローラーで筋肉の緊張をほぐして血行が促されることによって筋肉に栄養が行き渡りやすくなる状態を作ることができます。

そのため、筋トレで傷ついた筋繊維を修復するのに必要な栄養を素早く届けることにも繋がるので、フォームローラーを上手く活用することで筋トレ効果をサポートすることが期待できます。

筋膜リリース

筋膜は、筋肉を包み込む組織のことを指します。

凝りや緊張によって筋膜が筋肉と癒着している状態では、筋肉の柔軟性や身体の可動域にも影響が生じます。

筋膜をほぐす施術を筋膜リリースと呼び、近年注目されているコンディショニング法のひとつです。

もちろん、プロによる施術を受けることは正しいコンディショニング方法ではありますが、フォームローラーを上手く使えると、1人でもある程度は筋膜リリースができます。

筋肉の柔らかさを取り戻し、身体をコンディショニングできる筋膜リリースが1人で手軽にできるのもフォームローラーを使うメリットです。

フォームローラーの使い方

フォームローラーを効果的に利用するためには、正しいテクニックと使い方を理解することが重要です。

以下に、基本的な使い方をご紹介します。

対象部位の選定

まず、どの部位をほぐすかを決定します。特定の筋肉グループに焦点を当てたり、全身のリラックスを促すために使用するかを考えましょう。

ローリングのテクニック

フォームローラーを対象部位の下に配置し、自身の体重をかけます。

ゆっくりとフォームローラーを前後に転がし、対象部位に圧力をかけます。

「痛気持ち良い」と感じるぐらいの強度に留め、痛みや違和感を感じた場合は徐々に圧力を調整しましょう。

 呼吸を意識

フォームローラーを使用する際には、深い呼吸を意識しましょう。

呼吸をゆっくりと行うことで、筋肉のリラックスと疲労回復効果が高まります。

ほぐしていて息を止めてしまうぐらいの強度で行わないように気をつけてくださいね!

不快な痛みに注意

痛みや不快感を感じた場合は、その部位に過度な圧力をかけている可能性があります。

無理に続けずに圧力を軽減するか、別の部位に移動しましょう。

適切な時間

フォームローラーを使う時間は、個人の体調や目的に応じて調整します。

通常、1つの部位に対して1〜2分間程度のコンディショニングを行いますが、痛みの状態や体調によっては早めに切り上げた方が良い場合があります。

正しい使い方を守りながらフォームローラーを活用することで、疲労回復や体調の向上に寄与します。

自分でペースを配分することに自信がない方は、動画を観ながら一緒に身体を動かしましょう。

【15分】フォームローラーで全身をほぐす | むくみ解消 肩こり解消 猫背解消 血行改善 | 筋膜リリース【ビーレジェンド FEM】

【5分】フォームローラーで上半身をほぐして肩こりと猫背を解消 | 筋膜リリース【ビーレジェンド FEM】

フォームローラーを使う上での注意点

フォームローラーは効果的なトレーニングツールである一方で、適切な使い方と注意が必要です。

以下に、フォームローラーを使う際に留意すべきポイントをまとめました。

過度な圧力を避ける

フォームローラーは筋肉に圧力をかけることで効果を発揮しますが、過度な圧力をかけると内出血や、炎症の悪化などの不調のリスクが高まります。

最初は軽い圧力から始め、徐々に調整した方が無難です。

痛みを感じたら、強度を緩めたりその部位へのコンディショニングは避けましょう。

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?

最後にこの記事を簡単におさらいしましょう。

近年注目を集めているフォームローラーは、疲労回復に効果的なコンディショニングツールとして多くのメリットが得られます。

セルフマッサージでは難しいような部位へのアプローチや、血行の促進や、ストレスの解消、ボディメイクやダイエットのサポートや筋膜リリースといったメリットを期待できますよ!

その一方で、痛みを我慢したり、適切な強度や時間を意識せずに行うと、かえって故障のリスクがあります。

初めのうちは、動画を参考にしながらアプローチの掛け方や一部位へかける時間をチェックしながら行いましょう。

手軽にコンディショニングできるツールなので、使い方のコツを掴めばセルフケアの引き出しが増えて、トレーニングのパフォーマンスが向上したり、日々の生活の中でのケガのリスクを抑えることにも繋がります。

フォームローラーを利用する際には、安全に注意しながら上手に活用し、リフレッシュの時間を充実させましょう!

ABOUT ME
OIC-SERIES
これからは、サプリメントも 「おいしい」で決めていい!キレイになりたい人。スッキリしたい人。若々しくなりたい人。
そんな女性たちの多くが、“おいしいかどうか”でサプリメントを選んでいます。
おいしいから続く、続くから成果が出るわけです。だからとことん味にこだわるブランド “OIC(おいしい)”をつくりました。
もっと自分の好きなものを選びたい。時間がないけれど成果を出したい。そんなあなたのための新しいサプリメント。さあ、美しいをもっとおいしく。
記事URLをコピーしました