MENU
Body Make

日常生活でできる肩こり改善方法3選!原因についても解説

admin

肩こりは、多くの人が悩んでいる現代病として挙げられます。

特に、ここ数十年ではスマートフォンの普及も進み、さらに肩こりの大きな要因になりつつあります。

長時間のデスクワークや作業での前傾姿勢など、私たちの日常動作のすぐそばには肩こりの原因がいっぱい。

肩こりはただの不快感だけでなく、集中力の低下やストレスの増加にもつながることがあります。

そこで、日常生活で気軽に取り入れられる肩こり改善方法をご紹介します。

また、肩こりの原因についても解説しますので、日常生活の中での肩こりのリスクを知った上で対策方法もチェックしていきましょう!

肩こりのリスクを減らす方法を知り、快適な日常生活を手に入れたい方はぜひご一読ください。

肩こりの原因とは?

対策を知る前に、まずは肩こりの原因を押さえておきましょう!

ここからは肩こりの原因についてご紹介します。

姿勢の影響

日常生活での姿勢が肩こりに大きな影響を与えます。

長時間のデスクワークやスマートフォンの使用によって、前かがみの姿勢が続くことで肩の筋肉が緊張し、血行不良が起こります。

特に、パソコン画面やスマートフォンを見る際、首や肩を前に突き出す癖があると、筋肉のバランスが崩れて肩こりが発生しやすくなります。

ストレスの蓄積

私たちがストレスを感じると、交感神経が刺激されて「戦うか逃げるか」という反応が起こります。このとき、筋肉が緊張して血流が制限され、身体が警戒状態になります。

長時間にわたってストレスが続くと、筋肉の緊張が解けず、特に肩や首の筋肉に負担がかかりやすくなります。

また、ストレスは自律神経のバランスを崩すこともあります。

自律神経は、身体の自然なリズムやバランスを調整する役割を担っています。

ストレスが加わると、交感神経が優位になり、筋肉が過剰に緊張します。

このため、肩こりや首のこりといった症状が現れることがあります。

眼精疲労の蓄積

肩こりと眼精疲労は相互に影響し合うことがあります。

肩こりが進行すると、姿勢が崩れて画面を見る際の負担が増加し、眼精疲労が悪化する可能性があります。

逆に、眼精疲労が進行すると、目を酷使するために肩や首の筋肉が緊張し、肩こりの症状が強まることがあります。

また、眼精疲労が蓄積されると自律神経に影響を及ぼして肩こり以外にも、イライラや気分の浮き沈み、免疫力の低下を引き起こすリスクも高くなります。

日常生活でできる肩こり改善方法

ストレッチと運動

肩こりの改善には、定期的なストレッチや運動が効果的です。

肩周りの筋肉をほぐすストレッチや軽い筋力トレーニングを取り入れることで、筋肉のバランスを整え、血流を促進します。

例えば、肩甲骨を動かすストレッチや、首や肩のまわりをゆっくりと回す運動がおすすめです。

肩こりをケアするためのストレッチをプラスアルファで行う余裕のある人は、こちらのタオルストレッチがおすすめです。

【10分】肩甲骨のタオルストレッチ | 肩こり解消エクササイズ【ビーレジェンド FEM】

また、筋トレや運動をする時間がない方や苦手な方はウォーキングを取り入れましょう。

ウォーキングシューズを買ったり、早起きしたりと気負う必要はありません。

通勤やお仕事帰りに自宅まで少し遠回りするだけでも、習慣として積み重ねると1年後は全く違ってくるはず。

ウォーキングは有酸素運動なので、血流を促進し全身の筋肉を動かすことができます。

腕をしっかりと振ること、お腹を使って呼吸することを意識しましょう。

正しい姿勢の保持

時間のデスクワークやスマートフォン使用時には、正しい姿勢を保つことが大切です。

画面の高さや角度を調整し、背筋を伸ばして座ることで、首や肩への負荷を軽減できます。

また、座りっぱなしの人はこまめに休憩を取り、座った状態がずっと続く状態を減らしていきましょう。

また、立っているときも体重を均等に分散させるよう心がけましょう。

肩が巻くように身体の前に出ている「巻き肩」の人は背筋だけでなく、肩の位置にも注意しましょう。

巻き肩を改善するストレッチ【ビーレジェンド FEM】

リラックスする時間を作る

ストレスが肩こりの原因となる場合は特に、リラックスする時間が重要です。

深呼吸や瞑想、ヨガなどのアクティビティは、心と体の緊張を解きほぐし、肩こりを緩和します。

シャワー派の人も、たまにはお湯をはって湯船につかると心身ともにリラックスできるので、自宅で手軽にできるリラックス方法として取り入れてみましょう。

また、日常生活においても、日々の忙しさの中でちょっとした休憩時間を設け、リラックスする習慣をつけることも大切です。

深呼吸をする、軽くストレッチをするなど、強張った身体を緩めることに取り組みましょう。

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?

最後にこの記事を簡単におさらいしましょう!

肩こりは多くの人にとって日常的な悩みとなっていますが、適切な対策を取ることで改善が期待できます。

姿勢の改善やストレッチ、リラクゼーション法を取り入れることで、肩の緊張を緩和し、快適な日常生活を送ることができるでしょう。

また、肩こりの原因を理解することで、予防策をより効果的に実践することが可能です。

日常の小さな工夫を取り入れて、凝り固まった身体を緩めましょう。

肩こりの改善に向けて、ぜひ日常生活に取り入れてみてください。


banner
banner
記事URLをコピーしました